Home > 教えて薬剤師さん > ドライスキンの基礎知識と対処 > 寒い季節の乾燥肌 知っておきたいケアと対処法

教えて薬剤師さん

寒い季節の乾燥肌 知っておきたいケアと対処法文章:門田 麻里(All About「湿疹・皮膚炎ガイド」)

冬になると気になるのが、肌の乾燥。とくに手指や足のすねなど、露出した部分はカサつきが目立ち、放置するとどんどん症状が進んでしまいます。まずは乾燥を引き起こす原因を知って日々こまめなケアに努め、しっとり肌をめざしましょう。今回は、寒い季節に知っておきたいスキンケアの方法と、悪化したときの対処法について紹介します。

寒くなると乾燥肌になる理由
カサカサ肌が気になる女性空気の乾燥を感じると皮膚のカサカサが気になってくる 気温が低くなり空気の乾燥を感じるようになると、気になるのが肌の乾燥です。朝、洗顔すると肌がつっぱる、メイクがのらない、着替えるときにかかとの乾燥が目につくなど、日常生活で乾燥に気づく機会が増えていきます(記事「どうにかしたい!粉ふき肌の改善策」)。

空気が乾燥すると角質層から水分量が奪われ、外からの攻撃に対するバリア機能が低下します。バリア機能低下により皮膚からはさらに水分が奪われ、乾燥を招くという悪循環も生じます。

さらに、気温が低下すると血流が悪くなり、代謝機能が低下して皮脂分泌量が減ることも、皮膚の乾燥を悪化させる一因となります。

乾燥は、身体の中ではとくに皮脂分泌量が少ない部位で感じやすく、手やひじ、ひざ、すね、かかとなどのほか、背中や腰回り、首元なども気になる人が多いといいます。これは、元々の皮膚の乾燥に加え、つねに下着や衣類との接触があることで刺激を感じやすい状態になっていると考えられます。

乾燥肌の悪化を防ぐコツ
乾燥肌の悪化を防ぐには、日常生活で皮膚に余計な刺激を与えないことが重要となります。夏に比べ冬の季節は衣類と接する皮膚の面積が増えるため、なるべく皮膚に刺激の少ない衣類を選びましょう。

基本的に木綿やウールなどの天然繊維は低刺激ですが、繊維の太さや加工の仕方が刺激につながる場合もあります。そこで、いちど着てチクチク感を感じるタイプの素材は、その後の着用を控えるほか、薄手の長袖を一枚はさみ、衣類による直接的な刺激を避けるのもオススメです。

また、冬の季節もメイクや身体の汚れはしっかり落とすべきですが、過度な皮脂の洗い流しや、洗顔や入浴の際のゴシゴシ洗いは、刺激に弱い皮膚をつくり出してしまいます。

皮膚の汚れの多くは、角質層の表面にある皮脂膜の中にまぎれこんでいます。洗顔剤やボディソープで皮脂膜を乳化させ、そっと拭い去れば汚れはじゅうぶんに落とせます。その際、熱いお湯は皮脂を奪いやすいため洗顔や入浴は高温には注意しましょう。水分をぬぐうタオルは、古いものだと表面繊維が毛羽立ち皮膚への刺激となるため、定期的に交換することをオススメします。

しっとりボディに!保湿剤の上手な活用法
カサカサ肌が気になる女性皮膚のうるおいを保つには皮膚の水分が蒸発しないケアが必要 角質層の表面には分泌された皮脂と汗が混ざった天然の保湿クリームといわれる皮脂膜が覆っていて、水分の蒸発を防いでいます。皮膚のうるおいを保つには、この皮脂膜を人工的に補うことがポイントとなります。

さらに、角質層のすき間にはセラミドが水と脂が交互に並ぶ形で存在し、水分をつなぎとめる役割をしています。ほかにも角質層には、アミノ酸からなる天然保湿因子が豊富に含まれています。

保湿剤を使って人工的に皮脂膜を補い角質層に保湿成分を補充することは理にかなっているといえるでしょう。

また、保湿剤は軟膏やクリーム、乳液、ローションなどいくつかの剤型があります。軟膏は皮膚表面にしっかりとした人工の皮脂膜をつくりますが、ややベタつきを感じ、クリームは軟膏に比べさっぱりとした使用感で水分の蒸発を防ぎます。乳液やローションは、洗浄後に皮膚にうるおいと柔軟性を与えてくれます。

■主な保湿成分
  • ワセリン…皮膚表面に油脂性の膜をつくる。ベタつきはあるが刺激がなく、水分の蒸発を防ぐ
  • セラミド…細胞間脂質物質の一種で、角質層の水分を保持し、皮膚に柔軟性を与える
  • ヘパリン類似物質…角質層の水分量を増加させるほか、血行を良くする
  • 尿素…体内の水分を角質層にとりこむ。人によっては刺激を感じることもある
好みで選んでも良いですし、使用する身体の部位ごとに、乾燥の度合いなどで数種類を使い分けても良いでしょう。

カサつきやかゆみが治まらないときの対処法
皮膚の乾燥は、カサつきなど見ための問題だけではなく、イライラするかゆみを生じる点でとてもやっかいです。かゆみは知覚神経に信号が伝わることで起こりますが、皮膚が乾燥すると知覚神経が角質層直下まで延び、衣類のこすれなどの刺激を感じやすくなるからです。

かゆみが強くなって赤みや湿疹などが出てくると、衣類や保湿剤の対策を努力しても、いったん皮膚をかき壊せば急速に症状が悪化する場合があります。このように、かゆみに加えて赤みや湿疹などがある部位には、ステロイド外用剤が適しています。

ドライスキンの症状例 ドライスキンの症状例
保湿剤はすこやかな皮膚を保つために用いるものなので、赤みや湿疹などに気づいたら、早めにステロイド外用剤を塗って、いっきに炎症をしずめましょう。炎症が治まり、かゆみなどの症状がなくなればただちにステロイド外用剤を中止し、ふたたび保湿剤で良い状態を保ちます。炎症がなかなか治まらない、あるいはくり返すような場合は、専門の医療機関を受診して下さい。

Copyright(c) All About, Inc. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

更新日:2016年12月20日

【関連記事】
どうにかしたい!粉ふき肌の改善策

ドライスキンの基礎知識と対処