Home > 教えて薬剤師さん > あせもの基礎知識と対処 > 「あせも」はなぜなるの?どう対処する?

教えて薬剤師さん

「あせも」はなぜなるの?どう対処する?

かゆみを伴う小さな赤いブツブツができるあせも。乳幼児によくみられますが、汗をたくさんかくこれからの季節は大人でも油断はできません。掻き壊して化膿したりすると治りにくくなることもあるので、ほかの湿疹・皮膚炎と同じように早期に適切な治療を行うことが大切です。今回は、あせもの原因、症状、治療法と予防法についてお伝えします。

あせもができるのはなぜ?
あせもができるのは、大量に汗をかいたときに、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因です。汗は、汗管(かんかん)という管状の腺から分泌される体液です。汗腺があるのは皮膚の真皮の奥深く。そこから汗管という汗の通路が伸び、体の表面のある汗孔と呼ばれる出口に通じています。

たまった汗は、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出し、水ぶくれが生じたり、炎症を起こして、かゆみを伴う赤いブツブツができたりします。そのためあせもは「汗疹(かんしん)」と呼ばれます。

あせもができやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分。乳幼児の場合はおむつでおおわれている部分も、要注意ゾーンです。

暑くて汗をかきやすい夏場以外でも、汗をかけばあせもができる可能性はあります。たとえば、高温多湿な環境で運動したときや、風邪のために熱が出たときなどです。湿布、包帯、ギプス、絆創膏、通気性の低い衣類の着用なども、汗管がつまりやすくなるためあせもができやすくなります。

また、一般的に大人よりも乳幼児にあせもができやすいのには理由があります。実は汗腺の数というのは大人も乳幼児もほぼ同じ。つまり、乳幼児の場合は小さな面積に汗腺が密集しているため汗をたくさんかくのです。乳幼児は、汗を拭いたり、汗をかいたら着替えたりするなど、自分でスキンケアをすることができません。そのためお母さんがきめ細かくみてあげることがとても大切になるのです。
あせもは3種類あることを知っている?
ふつう、あせもというと小さな赤いブツブツができてかゆみを伴うものをイメージしますね。これは専門用語で紅色汗疹(こうしょくかんしん)と呼ばれるあせもです。

日常よく見られるあせもにはもう1種類、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)と呼ばれるものがあり、こちらは赤みやかゆみを伴いません。皮膚の表面に、1~3mmほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができるだけです。水晶様汗疹は紅色汗疹よりも浅い部分、つまり皮膚の表面に近いところに汗がたまるため、症状が軽く、自覚症状が少ないので気づかないこともめずらしくありません。

もう1つ、深在性(しんざいせい)汗疹という皮膚の深い部分で起こる白っぽく扁平な丘疹もありますが、亜熱帯などに多く日本ではあまり見られません。後述しますが、炎症のある紅色汗疹と、炎症のない水晶様汗疹では、治療の方法が異なります。
あせもができてしまったら…
症状の軽い水晶様汗疹の場合は、後述の「あせもの予防法」にあるスキンケアを行っていれば自然に治ります。

一方、紅色汗疹の場合は、スキンケアに加え、塗り薬による治療を行います。紅色汗疹は炎症の起きている湿疹ですので、ステロイド外用剤を使うとよいでしょう。赤いブツブツができているところにやさしく薄くのばしてください。

抗炎症作用のあるステロイド外用剤によって、炎症が治まるとともにかゆみもやわらぎ、心理的なストレスも軽減し、掻き壊しを防ぐことができます。掻かなよいうに気をつけていても、寝ている間に無意識に掻いて掻き壊しをつくってしまうこともあるので、かゆみをやわらげることはとても大切です。

子供の場合は、掻き壊して化膿すると、とびひ(伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん))(「子供の肌トラブルなぜ多い?どう対処する?」参照)の原因になることもあります。掻き壊してしまった場合には、抗生物質の配合されたステロイド外用剤などを使用するとよいでしょう。

薬局で買えるステロイド外用剤は、効果の強さによって、weak(弱い)、mediam(普通)、strong(強い)という3つのランクがあります。子供の場合は年齢によって使えるランクが異なるので、購入するときは薬剤師に子供の年齢と症状を伝えて相談しましょう。(「ステロイド外用剤にはどんな種類があるの?」参照)

ステロイド外用剤の使用は1週間以内にとどめ、皮膚に塗る範囲も決められた以上に広く塗らないなど、使用上の注意を守りましょう。(「正しく使えばステロイド外用剤は怖くない!」参照)

ステロイド外用剤を5~6日使用してもよくならないときは、別の皮膚病かもしれませんので、皮膚科で相談しましょう。
あせもの予防法
私たちは汗をかくことで体温調節をしたり、老廃物を体の外に出したりしています。つまり汗をかく機能は、私たちの健康にとってとても大切なこと。適度に汗をかくことは必要なのです。

問題は、汗をかいたあとのスキンケアです。汗をかいたまま放置すると、皮膚の表面にアカや汚れがたまり、汗の出口である汗孔をふさいで汗管がつまりやすくなります。汗をかいたあとは、シャワーで洗い流したり、清潔な濡れタオルでやさしく汗を拭き取ったりするようにしましょう。

暑い時期や運動をするときなどは、吸湿性の高い木綿や、速乾機能のある素材を使ったものを着用するなど衣類の工夫も効果的です。

とくに汗をかきやすい乳幼児に対しては、上記のスキンケアに加えて、外気の温度や湿度に合わせて衣類を調節し、あまり汗をかくときはエアコンや除湿器で室温や湿度を調節することも必要でしょう。

あせもはまず予防、できてしまったら早期にスキンケアと塗り薬による治療を行い、掻き壊して化膿させないようにすることが大切。適切に対処して暑い時期を乗り切りましょう。
  • 大人の皮膚炎・かぶれにフルコートf 詳しくはコチラ
  • 子どもにもコートfAT軟膏 赤ちゃんにもコートfMD軟膏 詳しくはコチラ

あせもの基礎知識と対処