Home > 皮膚の病気と特徴 > 細菌感染症(毛のう炎、せつ)

皮膚の病気と特徴

細菌感染症(毛のう炎、せつ) 

特徴

黄色ブドウ球菌などの細菌が毛包に感染することにより起こります。
毛包の浅い部分に炎症があるのが毛のう炎で、深いところまで炎症が拡大するとせつになります。
治療は、抗生物質の外用または内服を行い、大きい場合には切開して膿を出します。