Home > 皮膚の病気と特徴 > 掌蹠膿疱(しょうせきのうほう)症

皮膚の病気と特徴

掌蹠膿疱(しょうせきのうほう)症 

特徴

手のひらや足の裏に、膿をもった水ぶくれがたくさんでき、慢性に経過します。
原因として、むし歯などの病巣感染による細菌アレルギーや、歯科で用いられる金属に対するアレルギーなどが関与するという説もあります。
治療は、ステロイド外用剤を塗ったり、PUVA療法などが行われます。
※PUVA療法(薬を飲むか塗った後、紫外線をあてる光線療法)