皮膚の病気と特徴

みずむし 

特徴

白癬菌という真菌(カビ)が足の皮膚に感染して起こります。
指の間がただれるもの、小さな水ぶくれが集まったもの、足の裏全体が厚くなり、割れ目ができるものなど様々なタイプがあります。
治療は抗真菌剤の外用が基本となりますが、爪のみずむしや皮膚が硬く厚くなるタイプのみずむしは抗真菌剤の内服が行われます。
OTC医薬品のみずむし治療薬で治療が可能ですが、症状がひどい場合はお医者さんに診てもらいましょう。