Home > 皮膚の病気と特徴 > 脂漏性(しろうせい)皮膚炎

皮膚の病気と特徴

脂漏性(しろうせい)皮膚炎 

特徴

皮脂の分泌が多い脂漏部位(髪のはえぎわ、まゆげ、鼻のわきなど)にできるカサカサした湿疹です。
新生児~乳児期と思春期以後に多くみられます。

症状

頭皮や髪のはえぎわ、まゆげなどにフケがでて赤くなります。
かゆくなることもあります。
ひどくなると固まってかさぶたになることもあります。

原因

好脂性真菌のマラセチアの増殖が原因ではないかと考えられています。

治療

ステロイド外用剤による治療が一般的ですが、抗真菌剤が投与されることもあります。
油分を含む整髪料、シャンプー、リンスなどの使用はできるだけ避け、まめに洗髪をしてください。