皮膚の病気と特徴

虫さされ 

特徴

吸血性の蚊、ノミ、ブユ、ダニや、毒をもったハチ、アブ、クモ、毒蛾、毛虫などに刺されることで、皮膚に炎症を起こします。
原因となることが多いのは、蚊、ノミ、ブユ、ダニなどです。

症状

蚊、ノミ、ブユ、ダニなどに刺された場合には、かゆみを伴う赤いブツブツができます。
ハチ、アブ、クモ、毒蛾、毛虫など毒を持った虫に刺されると、痛みが出て腫れてきます。

治療

ステロイド外用剤を塗り、かき壊さなければ徐々によくなります。
OTC医薬品のステロイド外用剤で治療できますが、痛みがあって腫れがひどい場合にはお医者さんに診てもらいましょう。
予防対策として肌の露出を少なくしたり、防虫スプレーを使うことも有効です。