赤ちゃんや子どもの皮膚の病気と特徴

みずいぼ

特徴

丸くてツルっとした、あわ粒くらいのやわらかいブツブツができて、徐々に増えて広がります。
1~6才の乳幼児に多く見られ、感染力が強い疾患です。

症状

光沢がある直径1〜5mmくらいの皮膚と同じ色のブツブツが全身に多くできます。
ブツブツの真ん中はえくぼのようにへこんでいます。
ブツブツはつぶすと、白いかゆ状のものがでて治ります。できたものがほかの皮膚に付着すると伝染し、またブツブツができてどんどん増えていきます。

原因

伝染性軟属腫ウイルスの感染が原因です。
感染性が強く、スイミングプールなどでうつることが多いようです。

治療

お医者さんに診てもらいましょう。

特別なピンセットでみずいぼを1つずつつまんで内容物をしぼりだします。
放っておくと数が増えますので、みずいぼを見つけたらすぐに皮膚科で除去してもらうことをおすすめします。