赤ちゃんや子どもの皮膚の病気と特徴

皮膚カンジダ症

特徴

皮膚がこすれやすい部分に多く発症します。
乳児の場合、おむつかぶれやあせもと間違いやすい疾患ですから、注意しましょう。

症状

わきの下、手や足の指の間、内股、乳房下など通気の悪い部分が感染しやすく、乳児寄生菌性紅斑(おむつ部位に生ずる皮膚カンジダ症)はその代表的なものです。
患部は赤くはれ、水疱やただれができます。またジュクジュクし、白くうすい皮で覆われ、かゆみを伴います。

原因

カンジダという真菌の感染で起こります。

治療

外用の真菌薬で治療します。
お医者さんに診てもらいましょう。