赤ちゃんや子どもの皮膚の病気と特徴

虫さされ

特徴

春先から夏にかけて多くみられます。
吸血性の蚊、ノミ、ブユ、ダニや、毒をもったハチ、アブ、クモ、毒蛾、毛虫などに刺されることで、皮膚に炎症を起こします。
原因となることが多いのは、蚊、ノミ、ブユ、ダニなどです。

症状

強いかゆみがあります。腕や足に虫に刺されたような赤いブツブツがみられ、小さい水ぶくれができてくることもあります。

原因

乳幼児は虫さされに対する免疫が不十分なため、蚊やノミやブヨなどに刺されると、過敏に反応したためと考えられています。

治療

ステロイド外用剤を塗り、かき壊さなければ徐々によくなります。
痛みがあって腫れがひどい場合にはお医者さんに診てもらいましょう。
かゆみが強いときは、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用する場合もあります。

予防対策として肌の露出を少なくして、ノミやブヨ、蚊などに刺されないように注意すること、防虫スプレーを使うことも有効です。