赤ちゃんや子どもの皮膚の病気と特徴

おむつかぶれ

特徴

おむつをあてている部分にできる、皮膚のかぶれです。
カンジダに感染して起こるものとの鑑別が難しいため、注意しましょう。
→皮膚カンジダ症を見る

症状

おむつに覆われている部分が赤く腫れ、小さい水ぶくれやただれができ強いかゆみを伴います。

カンジダ感染ではうすい痂皮(かひ)で覆われ、その周辺の皮膚がオブラート状にむけます。


原因

長時間おむつをしていることが原因です。
尿中のアンモニアや便が刺激となって起こります。

治療

おむつを頻繁に交換しましょう。
軽症では患部をぬれたタオルで清潔にし、ウィークランクのステロイド外用剤で治療します。

症状がひどい場合やカンジダ感染が疑われる場合は、お医者さんに診てもらいましょう。

なかなか治らないときは、カビの感染が原因の皮膚カンジダ症の可能性もあります。
この場合、ステロイド外用剤を塗布すると悪化しますので、皮膚科を受診してください。