赤ちゃんや子どもの皮膚の病気と特徴

汗疹(俗称あせも)

特徴

「あせも」は、汗腺が詰まって発汗が妨げられ、汗が皮膚にたまることで起こる疾患です。

■「あせも」と間違いやすい“汗によるかぶれ”
汗をよくかく部位にブツブツができると「あせも」ができたと思われがちですが、汗が刺激となってかいてしまい、炎症を起こしたものは「汗によるかぶれ」で、本来の「あせも」とは異なる疾患です。


症状

首、わきの下、おむつがあたる下腹部、頭、額の生えぎわなど、汗をかきやすくて、かいた汗がたまりやすいところによくみられます。

正常に分泌されない汗が、周りの組織に漏れ出して、水ぶくれやかゆみを伴い、赤くブツブツ(汗疹)となります。

原因

乳幼児は小さい体でも汗腺の数はほぼ同じですが、小さな面積に汗腺が密集しており、汗を多くかきやすいため、「あせも」はよく見られます。

治療

・軽い症状の場合は、まめに行水やシャワーを使って、皮膚を清潔に保つことで自然に治ります。
・炎症がある場合は、ステロイド外用剤で治療を行います。